白髪が生えてくる女性の原因と改善方法

白髪は加齢以外の原因でも生えてくる

身支度をしている時に、ふと鏡をみて白髪があることに気が付いたことはありませんか。
「少し前までは、こんな場所に生えてなかったのに」と、大変ショックを受けることでしょう。
「まだ若いのに、中高年でもないのに」と、気にすれば気にする程、気持ちは滅入ってしまいます。
今や、白髪が生えてくる原因は加齢だけではなく、様々な事が影響していると考えられているのです。
では、なぜ突然生えてくるのか疑問に感じることでしょう。
そこで、今以上に増やさない為にも、生えてくるメカニズムや原因、また改善する方法について説明していきましょう。

髪が生えてくるメカニズム

髪は女性の命と言われる程、女性にとって大切なものであり、気持ちの上でも大きな影響力を持っています。
髪がキレイに決まっていれば、一日気分が良いものです。
本来の艶やかで美しい髪は、健康な頭皮の毛根で作られています。
メラノサイトという色素細胞の働きによって作られたメラニン色素が、髪の毛に取り込まれると黒くなります。
しかし、メラノサイトの働きが、何らかの原因によって低下したした場合、メラニン色素が髪の毛に取り込まれなくなるために白髪になってしまうのです。
若白髪の原因の一つにも、このようなことが考えられるのです。

女性の白髪が生えてくる原因

髪の毛が作られる過程で、細胞に栄養が必要となります。
腸で吸収された栄養は、生命維持に欠かせないところから優先に使われていくので、毛髪へは後回しになってしまいます。
そのため、栄養の偏りによって必要な栄養が、毛根まで行き届かない状況が起こった場合に、白髪が生えてくるのです。
また、ストレスや頭皮の状態が悪い場合には、毛細血管が収縮した状態になるため、栄養を運ぶ血液が毛根まで届かなくなり、栄養が不足するという事も原因となっています。
他にも、睡眠の質の低下や遺伝的な要素も大きく関わっているのです。

女性の白髪を改善する方法

今以上に白髪を増やさない為には、生活習慣や食生活を改善することが必要です。
髪の毛を作るのに必要な成長ホルモンは、22時~2時の間に分泌されるので、出来るだけこの間の時間に就寝するように心がけ、蛋白質を多く含む食材を取り入れることなど、出来ることから改善していきましょう。
また、現状に対する対策としては、頭皮にダメージを与えないためにも、ヘアカラーなどアルカリ性の染料の使用をやめて、ヘアマニキュアのような酸性カラーで染めるようにしましょう。
そうすることで、頭皮にも髪の毛にもダメージを与えずに、白髪が目立たないようにすることができます。

白髪染めの正しい選び方

白髪染めの選び方を知っておきたい

年齢を重ねると白髪が目立ってくるため、市販の白髪染めの選び方を知っておきたいという人が増えています。
ヘアカラーやヘアマニキュアは、頭皮や髪の毛に多少のダメージがありますが、しっかりと染まるので、髪の毛が硬く、色が入りにくい人に向いています。
お肌のデリケートな人は、カラートリートメントを使って入浴中に、トリートメントをすることで着色します。
ヘアカラーやヘアマニキュアに比べると、染める頻度が高くなりますが、頭皮や髪の毛にダメージが少ないというメリットがあります。
自分の髪質や肌質に合った商品を選んで下さい。

白髪染めの選び方をアドバイスしました。

白髪染めを選ぶ時は、自分の髪質や肌質に合った商品を選ぶ必要があります。
ヘアカラーは、髪の毛のキューティクルを開いて髪の毛の内部に色が入るので、髪が硬くて、色が入りにくいという人に向いています。
ヘアカラーは、2剤タイプになっているため、染めるのに多少の時間が掛かってしまいます。
髪の毛や頭皮にダメージが大きいため、髪の毛がぱさついたり、頭皮が赤くなったり、痒くなる場合があります。
お肌の弱い人はカラートリートメントやヘアマニキュアを使ったほうが良いでしょう。
数多くの商品が販売されているので、正しい選び方を知っておきたいという人が多いです。

ヘアカラーに比べるとダメージの少ないヘアマニキュア

白髪染めの選び方は、お肌のデリケートな人はお肌に刺激の少ない商品を使って下さい。
ヘアマニキュアはキューティクルを開かず、髪の毛の表面に着色するタイプの白髪染めです。
ヘアカラーに比べると、ダメージが少なく、一剤なので短時間で染められますが、髪質によっては色が入りにくい場合もあります。
髪の毛をコーティングする働きがあるため、ヘアカラーに比べると艶のある仕上がりになっています。
美容院で毛染めをしている人が多いですが、定期的に通院をする必要がありますし、費用も掛かってしまうので、市販の商品を購入したい人が増えています。

髪の毛にダメージの少ないカラートリートメント

できるたけ、髪の毛や頭皮にダメージを与えたくないという人は、トリートメントタイプの商品がお勧めしたいです。
ツンとした特有の臭いがなく、無添加で天然の植物や海藻を使った商品が多いので、お肌のデリケートな人でも安心です。
ヘアカラーやヘアマニキュアに比べると、染める頻度が多くなりますが、お風呂に入った時にトリートメントで着色ができるので、10分から15分と短時間で終えることができます。
ヘアトリートメントは数多くの商品が販売されているので、多くの人が購入をしています。
いくつかの商品を試して、自分の髪質や肌質に合った商品を選んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です